irima_yuzuruのブログ

入間ゆづると言います。人間関係に振りまわされてる学生。日常にも疲れてる。どちらかといえば暗めな部類の人間。チョコと音楽、暖かな寝床があればなんとかやっていける。

単位yabaiyo


相変わらずぼっちの入間です。
こんにちは。お久しぶり





最近では、授業での「はい、では周りの人と意見交換してみて下さい」という教授の右ストレートにもめげず頑張っています。

精神的には限界が近いですが。







実のところ、ほぼ4月いっぱい、新しい環境に慣れずに体調を崩したり、対人やら人目やらへの恐怖値がMAXになったりで学校行ってなかったので、成績うんぬんの前に出席回数のほうで単位落としそうです。



学校という場がどうにも恐ろしくてなりません。



高校までは 学校にいても吐き気を催す程度で済んでいたのに、行こうとする気持ちすらボッキボキに折れてしまって部屋から出られない日々が続きました。


今思うと誰とも会話せず一人でいた時間が長すぎたのも原因だと思います。









五月上旬あたりから、共に上京している中学 高校時代からの付き合いのある友達らの家へ泊まりに行くのを増やしたりしていき、リラックスして笑えるようになってからは、多少 学校や外への恐怖心も薄れて 吐き気頭痛腹痛を起こす頻度も減ってきました。






人間、独りで生きていける人とそうでない人がいると言いますが、どちらかと言うと僕は「信頼を置ける人との適度な接触がないと心身共に死ぬ」タイプであるようです。


ここで大事なのは、会うのは誰でもいいわけではないということ。


面倒な奴だと自分でも思いますが、これを「意味わからんwww」と笑う人は多いように感じます。








入間は先日、食堂にて一人で昼食を取っていたところ、後ろの方からの「見てwあの人 独りでご飯食べてるww虚しくないのかなwww」という声を聞いてから、怖くて恥ずかしくて、悲しくて、食堂に足を踏み入れることすら出来ていません。





僕のことを言っていたのではないかもしれない。
悪気はなかったのかもしれない。

僕の事でなくても、一人で食事をしているだけで何故そこまで馬鹿にされるのか。笑われるのか。







こっちの言い分を理解しろ!と強要する訳では無いです。
理解されなくてもしょうがないと思ってます。


だけども「そういう人もいる」と知っていて欲しいです。


貴方の世界観と僕の世界観は同一にはなり得ないし、自分の尺度で人を朝笑うのはなんだか醜いです。






要は「人それぞれなんだから、人に迷惑をかけているわけではない人間に対して、嘲笑する必要があるのか」「例え悪意のある事を思ったとしても(人間なのだから好き嫌いあるだろうし)、それを言葉に出してしまうのは間違っているのではないか」と言いたいんですが……。

こう言ったところで、「それこそお前の世界観を押し付けてるんじゃないか?」と言われてしまいそうで、実際に口に出して言えません。





こうしてSNSに匿名性を持って発言することしか出来ないけれど、少しでも見ず知らずの人を馬鹿にする人が減ればいいなと。
そう思って今回 書きました。







人が怖くて外に出られず、やっと落ち着いて学校へ通えるようになったら、本当にノックダウンしそうな言葉に打ちのめされましたが、なんとかギリギリのところで通っています。


あと一度でも欠席したら留年がぐっと近づくなんていう洒落にならない状況ですが、首絞めないと動かない屑なのでこれからは馬車馬のように 学び、働きたいと思います。








進学せずに就職すれば良かったと思っていた時もありますが、こんな状態で会社勤めなんて出来ないので、あと3年ちょいで、社会と戦える精神力を培いたいなーなんて思ったり。





実家にいた頃より生きやすいので、この生活を手放す気はありませんけど。

だからこそしっかり働かないとならんのだけどね。







それではまた今度。

ぼっちを発揮する話

 

 お久しぶりです。入間です。

 

只今 進学先での友達0人、気ままなぼっち学生ライフを送っております。

 

6月に入り、小学校でも中学校でも、高校も大学も、上辺だけだろうが心からだろうが、少なからず「話せる」程度の仲のいい子は出来ているであろう時期ですね。

出来ていない人はいかにぼっちを充実させるか、はたまた友達作りをまだ頑張るか……。僕は気持ち的には後者で現実としては前者まっしぐらです。

一人映画が楽しくて仕方ない日々を過ごしております。

 

 

 

 

 

僕は幼い頃、どちらかというと内気で引っ込み思案だったので、小1の時もぼっちだったわけですが、それが今、何年かぶりにあの頃の気持ちを味わっています。

あの頃と違うのは人と普通(?)に話せるようになったという点において少し成長している所でしょうか。

 

それでも同年代であるはずなのに周りの子らが話題にする話に全くついていけず、休憩時間やお昼なんかは誰とも話さず(話せず)ツイ廃してるか、free Wi-Fiにあやかって動画ばかり観ています。

 

そうですね、そこそこ日常は充実していると思います。

 

(強がりではないです)

 

 

 

本を買うにも、とやかく言われず自分で財布と相談し好きに手にすることができる。

食事の時間も課題もお風呂も就寝も自由。

自由である分 生まれる責任は大きいですが、実家で暮らしていた頃より伸び伸びと生きている実感を持てています。

 

 

それでも少しくらい人との会話がないと気持ちが安定しません。

些細なことでも面白いことがあったら親しい人に言って「馬鹿だねぇ」と笑い合いたいですし、愚痴を聞いて貰って「そっかぁ頑張ってるね」と慰めてもらいたい。

 

我ながら、人との会話がないだけでここまで弱るとは思いませんでした。

 

今一番友達に言いたいことは通勤ラッシュや帰宅ラッシュにおける電車内でかかるストレスの膨大さについてです。

この間は香水のキツイ人にヒールで足を貫かれました。

 

 

 

 外に出る必要がなければ常に引きこもる質の僕にとって、人と関わる機会があるのは学校とバイトのみであり、やはり友達くらいはいないと気が滅入ってしまいます。

 

だけど友達を作りたい気持ちがあるからといって 出来るかはまた別ですし、基本 親しくない人との対面は苦手なので上手くいかず。

人と話すの怖いけど友達欲しい なんて我が儘もいいところですが、そろそろ心が折れそうなのでどうにかしてぼっち回避したいです。

 

 

 

 

Wi-Fiのない我が家では通話といえど気軽に出来ないので 地元の友とも話せずにいますが、「もしかしてネットWi-Fiさえ完備すれば新しく人と仲良くする必要なんてないのでは」なんて野暮なことは宛にせず頑張ります。

 

 

ジャンルの違う人と話すのも大事だよね。

\( *´•ω•`*)/(ツライ)

 

 

 

それではまたの機会に。

 

 

生きることの辛辣さについて

 

どうも、金欠であっぷあっぷしてます入間です。

 

 

 

初めに、今回 天下のGWにてTVをゲットしたはいいが家賃生活費を支払ったら所持金千円になった事を報告しておきます。

 

現在進行形で来月の給料日まで約一ヶ月これで生き残らなければなりません。

恐らく死にます。

冗談キツイぜ……。

 

 

 

僕はこの春、晴れて大学へ進学することが出来たわけですが、上京するにあたり母上に言い渡された条件は「学費以外は自力で」という厳しいものでした。

当初はなんとかなると軽く考えていたのですが、これがなかなかどうしてキツイ……。

家賃約6万、電気ガス水道代約2万、食費約2万で最低10万は月に稼がなければならず、もしもの時の為と趣味の為にプラス2万くらいは欲しいな……と改めて考えてみればだいぶギリギリ、バイトのシフトきつきつでなければ成り立たない方式が出来上がりました。

死んじゃう。

 

今のところバイトは飲食系を一つやっているだけなのですが、それではやはり無理があるので、もう少し今のバイトに慣れてからバイトの掛け持ちをしたいなと検討中です。

候補としては本屋かな。

 

対人が苦手な僕としては接客なんて地獄もいいところですが(この間も緊張しすぎて倒れました)、時給も良く、そこそこ暇も多いという現在のバイト以上のところを行動範囲内でみつけることが出来なそうなので妥協して頑張ってます。

 

事実、以前の居酒屋のバイトに比べれば胃の痛みも少なく、バイトの人達も大変よくしてくださってます。

まあ、前のところがブラックだったというのもあるのですが……。

 

それでも辛いものは辛い。

初対面の人へ敬語で適度に笑みを浮かべるというたったこれだけの事が難しくて上手く出来ない。

正しい日本語も咄嗟にでてこず、「お会計〜円になります」と口走り。

お金はなりません。

分かっているのに聞き慣れているのか言葉が先に口にでる。意識しないと「お会計〜です」と言えず、忙しいと尚更お金がなってしまう。

 

 

 肉体的な苦痛は感じてはいますがそれよりも内面的なストレスが大きく、毎日精神をすり減らして生きています。

 

お客様の顔を見ると、その視線が理由もなく怖く感じ、その場から逃げだしたくなる。

繰り返し練習していたのに本番となると言葉がでてこない。焦ってレジ操作を間違う。

 

腹痛と時々頭痛を抱えながらも人並みにはなれるよう日々試行錯誤しながらもなんとかやっている状態。

正直 僕のこんな働きでお金が貰えるなんて申し訳なさすぎる。

……考えだすと首絞めたくなるのであまり思いつめないようにはしてますが、やはり周りのバイトさんと同じ料金を貰うことに引け目を感じてます。

まだ初給料入ってないんですけども。

 

でも不平等だろうが、仕事量が割に合わなかろうが、お金を貰わなければ生きていけませんのでそういう部分は見ないようにしてます。

いつか直視できるだけの勇気と見合う力をつけたい。

切実に。

 

 

とりあえず夏までには、Wi-Fiを接続できるレベルまでの富を持ちたいです。

 

 

それではまたの機会に。

 

告知(という名の現状報告)

 

 

……お久しぶりでーす。

こちら入間です。

 

 

 

前回の話では「3月は更新頻度高くなるよ」的なことを書いた気がしたんですが、ふふ、今何月だと思います。

(4月ですよ……ッ)

 

 

見事にバイトゲームバイトゲームしかしておりませんでした。

 

 

だって「4月からは通学だし稼ぎ時は今しかねぇ!」って思ったんだもん……(だもんとか気持ち悪いか)

そんでもって「任天堂switch発売されるしゼルダだし4月からは通学だし遊べるのも今しかねぇ!!」って思ったんだも……の(……の部分はお察し下さい)

 

3/25、26日なんかはスプラトゥーン2の試射会でしたし、その後は引越し&進学準備で忙しく、結果、月末更新もなく……。

 

そしてネット契約もなしWi-Fiだって勿論なしなので記事が書けなかったです。(´・ω・) 

 

動画だって通信制限怖くて見れない……。

Twitterも見る回数を減らし……。

果てはアプリゲームなんかひとっつも出来ん!

 

テレビもない、なんの娯楽もない静かな部屋。

あるのは何回も読み返した膨大な量の漫画だけ。

 

 

 

これが親のスネかじりしてた貧乏学生の実態なんですねぇ。

末恐ろしい

 

 

ですがまぁ世の中にはfree Wi-Fiなるありがたーい環境を提供してくれる所は沢山あるのでね、夜中に自宅でスマホがいじれなくなるなんてそんなには苦にならんのです(吐血)

 

 

 

とどのつまりは暇な時間が膨大に出来たということなんですが、こうなると人というのは何であれ思考することにより暇を潰しにかかると思います。

僕を一般とした場合がそうですから。(横暴)

 

そうなると思いつくのはブログのことでした。

 

「……更新してねぇ」

 

消費するしか能がない人間だと自負しているので、なにか生産していないと存在することを許されないのではないかという極論に引きずられて生きています。そうなるとこの事実はそれはもう大問題でしたね。

ブログの存在は忘れてましたが。

 

ブログのことを思い出した当初は、ペンを持ち、箇条書きで紙を殴ってたんですが如何せん物理的にかさばるので早々にやらなくなりました。

 

これではいつまで経っても更新出来ないのは明白なので、はてなブログアプリの下書き保存機能を使って書こうと思い立ちました。

 (先にそうしろよという話だけど)

 

そして。

 

……ここまできて初めて知った事実。

 

 

下書き保存機能ってのは、これもやっぱりネットに繋がってないと使えないんですね。

 

 

なんてこった。

 

そうなると、「Wi-Fi環境下でどかっと書き上げてそのまま更新」か「データが消えるかもしれないリスクを背負って、大好きな自宅でちまちま書いてWi-Fiあるとこで更新操作だけする」という選択肢しか思いつかない……。

 

 

 

 

結果、書けるときに書いといて更新出来るときに更新すりゃいいよ〜の自分に甘々な案が採択されました。

 

ので今までよりは更新頻度は高くなる(今度こそ本当)はずなので、まぁ 更新間隔は まちまちですが気長に待って頂ければと思っています。

 

人間気持ちが大事。

 

 

ということなので、今回はここまでとして、いつになるか分からない(笑)次回にお会いしましょう。

 

 

季節の節目につき

 

やあやあ やあやあ。

とってもお久しぶりです。

 忘れ去られているであろう、入間でございます。

 

前回が2日に更新だったので本当に約1ヶ月ぶりという……(なんてこと)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにはともあれ、2月ですよ2月。

 

そりゃ2月ですけど、2月がもう終わりますよ。

 

「そんなの知ってるわ!」って?

 

いやいや、現にここに、昨日まで日付も曜日も把握していなかった人間がいるので報告しておかないと2月終了を忘れている人もいるかなーって。思ったので。

 

 

 

 

入試だのバレンタインだのやんやわんや一年のなかでも、なかなかに忙しい時期だったと思いますが、皆様、本当に毎日ご苦労様です。

 

もうすぐ春になるし学生ならば新学期の前に春休みがあるので一息つけます。もう少し頑張るだけです。

 

 

 

 

…………。(話が続かない)

 

……ということでね(笑)、僕は今年受験生だったんですが、早めに進路が決まっていたこともあり、受験生らしい受験、いわゆる修羅場は経験がなかったのですが、いかんせん要領が悪いので毎日学校へ通っていたときよりもハードな自宅学習期間を送っておりました。

 

 

おかげさまで胃がまた小さくなったように感じてます……。

 

忙しいと食欲がなくなるよね……。

 

 

 

 

ただ、「辛ァ」「もう死ぬ……」と のたまわりながらも今のところは着々と予定通り全て進められています。

 

教習所やら引越し準備やら趣味勉強人間関係心労体調不良―――。

 

言い出したらキリがないけれど、それこそ ここ数年で一番、自分の社会的な立場について考え苦しみ悶えたのではないでしょうか。

 

 

この試練を乗り越え一層卑屈な性根になった気もしますが、前よりは打たれ強くなれたと思ってます。

 

 

 

 

 

そうですね、割と昨日から気分がいいです

(*´v`)

 

 

 諦めなのか開き直りなのか定かではありませんが、執着心が薄れ、寛大な心で接することが出来るようになりました。

 

今なら買い置きの茶碗蒸しを食べられてしまっても怒りませんよ。

貴方が食べた個数×3で手を打ちましょう。

 

 

……基本的にブログを書く時なんて頭がふわふわお花畑なときくらいなのでボケばっかりになっちゃいますね。すみません。

 

でも、心が穏やかなのは本当です。

平常運転が少しプレミアム仕様になったくらいです。

 

 

 

 

 

最近はだんだんと体感温度でも過ごしやすくなり、春らしくなってきましたね。

 

皆さんも心を休めてゆったりと過ごされてはどうでしょうか。

 

新年と同じく、もう一つの一年の始まり、4月という「節目」に向けて、足取り軽くウキウキな気持ちで 3月の間くらい春を満喫してはどうでしょう。

 

休息は必要ですよ。

切り詰めたままいくと五月病になりかねませんし。(*´ー`)

 

 

 

 

僕も三月くらいはゲームに明け暮れる予定なので、今よりはスケジュールも心も余裕が出来て、ブログの更新頻度も上がると思います。

 

 

次は最近ハマっているアプリゲームについて書いてみようかな。

 

 

 

 

 

 それでは、今回はここらでおいとまします。

 

またの更新をお待ちください。

 

 

オムライス作ろうと思ったお昼だったけどフライパンが見つからなかったので茶碗蒸しを食べました。(Let's enjoy Valentine)

昨日ぶりです。入間です。

 

タイトルはそのまま、そういう意味です。(何がそのままそうなのか)

 

つまりは、「ボルシチが食べたいと思い立つもボルシチがいったいどういう代物なのか分からないし作れないし、今日のお昼ご飯はオムライスでいいかーとやる気を出すもあれフライパンないな?何でかな?と探すがフライパン見つからずけっきょく溶いてしまった卵を捨てるのも勿体ないので茶碗蒸しを作り、それだけでは足りなかったので買い置きしてある簡単レンジでチンするだけの茶碗蒸しも3つ平らげた。(そしてバレンタインの2月になりましたねヒャッハー)」ということです。

これが凝縮されたものがタイトルになります。

 

 

長い前振りでした。

前振りというわりには今回のブログに僕のお昼騒動の話はなんの関係もありません。

 

 

仕切り直して。

 

今回は食の話をしようと思います。

その中でも「僕が」好きな食べ物の話。

完全なる趣味にして自己満足。

そもそもブログとはどんな体で話したらいいのかまだよく分かっていませんのでこんなに紆余曲折しております。

読みにくくて申し訳ない。

 

 

 

本題に入ります。

 

まず僕の好きな料理について。

これは定番の「なんの食べ物が好き?」と聞かれたときに答えていますが、入間は麺類が一等好きです。

 

もし、入間にお昼を奢る機会がありましたらラーメン(豚骨醤油が望ましい)やパスタにして下さい。「人の奢りのご飯×好物の食べ物」の組み合わせは最強だと思います。

 

麺類以外でとなると、そうですね、うどんが好きです。

……冗談です。うどんも麺類だろうが!という言葉は貴方の胸にしまっておいて下さい。ボケどころがよく分かってないんです。

 

はい。

 

次。

 

 

麺類の次に好きなものはチーズです。これはチーズ全般が好き!というわけではなくて(前に世界のチーズコースという魅惑の字面に踊らされたときには酷い目にあいました。チーズと言っても日本人の口には微妙な味のものもありますよね)、主にモッツァレラが大好きです。

 

美味しいですよねモッツァレラ。

貴方は好きですか?

イタリアンによく合い熱で溶かしたときのあのとろみが堪らない、僕を天国へ連れていってくれるモッツァレラ……。

いつかイタリア本場のモッツァレラピザが食べたいです。

そしてあわよくば美味しいピザとパスタが作れるイケメンイタリア人と結婚したいです。

 

 

 

さて、ではそろそろお菓子部門にうつりましょうか。

 

 

お菓子―――。

糖分を多く含むものもあり、お菓子といえば「カロリー」やら「栄養ないやん」やら思い浮かべる方も少なくないはず。

人の口に合うように作られたがゆえに、一度食べ始めるとやめられない、止まらない、そんな魅惑の食べ物……。

 

その中でも、ぶっちぎって1位、果ては栄光ある「入間杯」を長年獲得し続けるは、そう、誰もが好きで好きで堪らない(だって毎年2月に盛大に国をあげてお祝い(?)してるじゃん)、ヨコレイになります!!

 

チョコレートのなかでも今はビターチョコがブームです。ちなみに明治・森永・ロッテの中なら個人的には上からMorinaga、Ghana、meiji BLACKですね。

 

しかしながらホワイトチョコはどうしても好きになれないのです。

チョコレートではありますが、どうしても僕の求めているチョコの味ではない、というより好きじゃないなあといった具合です。

それでも美味しいものは美味しいですけどね(*´ω`*)

 

ああ!

そういえば、もうすぐバレンタインですね!!(わざとらしい笑顔)

 

この時期はバレンタインに乗っかって、商魂逞しいお店の方々がそりゃもう腕によりをかけて最高とも言えるチョコレートの伝説を作り上げるので、僕としてはとてもほくほくなのです。ヽ(*´∀`)ノ

 

最近ではハイクオリティのわりには安くて美味しいバレンタイン限定チョコが増えています。

 

 

僕もいつもは自分用に買うだけですが、今年は家族にもそれぞれに合った味・見た目のものを、プレゼントしてみようかなと思っています。(下心なんてありませんよ)(90%純粋な心ですってば!)

 

皆さんも、バレンタインを想い人へチョコを渡す日だけにせず、日頃お世話になっている人や大切な人に「ありがとう」「大好き」の気持ちを込めて渡してみてはどうでしょう。

 

恋人に贈る以外のニーズが増えれば、きっと売り場に彼氏・彼女持ちのリア充が溢れかえるなんてことも減ると思います。

 

 

 

今年は惑星チョコレートなどの他に、どんな美しいお菓子に出会えるんでしょう。

とても楽しみです。

 

 

それでは、またの機会に!!

雪に魅せられる話

お久しぶりです。入間です。

 

最近は暖かくなる日も増えて冬が徐々に終わっていくような気がするので、春になってしまう前に毎年の僕の冬、とりわけスポーツの冬に関して、先日スキーをした時の話をしようと思います。

 

 

時は1月29日、日曜日。

僕は、スキー場への行き方が分からないと言う母上の為に前日に一生懸命調べ上げた道順とスマホのナビを頼りに、群馬にある草津国際スキー場へ行きました。

 

普段、冬と言えど雪なんて数えるほどしか降らず、更に積もるなんてことがない地域に住んでいるので、目的地に近づくにつれて増えていく白い景色に、僕と弟は、そりゃもう ウザイくらいに はしゃいでいました。(母上に何度も怒られました。)

 

スキー場に着いて初めて車から降りたとき、以外にも思っていたほど寒くはなくて驚きました。風がなく天気も良かったので体感温度としてはとても過ごしやすかったです。

 

スキー靴とスキー板、スティックをレンタルしていざスキー。の前に雪合戦。からの いつの間にか雪のオブジェ作り。

たいして素晴らしいものは作れませんでした。発想力も技術もない。

 

なるべくリフトの近くに登ってから、数年ぶりにスキー板を着けてみると、忘れていたその長さ、動きにくさに早くも戦意喪失。

それでも一度滑ってみれば楽しくてしょうがないのがスピード狂の悲しき性ですかね。とても危なかったです。

 

草津国際スキー場には魔の28°の傾斜コースがあります。今年、生まれて初めて挑戦してみました。

 

……やはりというか結果的には2度転倒しました。

 

山の中腹より少し上のあたりと下あたりで上手く曲がりきれずに、転ぶというより倒れました。そして傾斜ゆえにそのままズルズルと滑りながら止まらない止まれない……。

服中に雪をくっつけ、「雪崩ってこうやっておきるんだ……」と的外れなことを思いながら落ちる入間。(命が惜しくないんかお前)

もう二度と体験しなくていいリストに追加しました。

でも楽しかったです。

楽しかった。

 

…………。

きっとまたいつか衝動でやりかねないです。

 

さておき。

 

オチはないんですが敢えて挙げるとするならば、人が傾斜のある雪山の上からすっ転んで落ちるとしても、よくある漫画のように雪だるまになることはありません。(当たり前です)

雪だるまが作りたいならまず小さな雪玉を両手(以外でも可)できつく固めてから地道にふわふわな積雪の上で転がすことをお勧めします。

目指せドラえもん像。

僕も次は顔まで描けるようにしっかりドラえもんの顔を覚えておきます。

 

皆さんもウィンタースポーツをする際にはご注意ください。

雪なんて真っ白だから平らなのか丘が出来ているのかよく分からないものなんですよ。見誤って突っ込まないように。

怪我にも気をつけて下さい。

 

それでは、またの機会に。